足立区のまちづくりを推進しようと集まった都市計画、建築、造園などの仕事をしている仲間達です。

 この十数年間、日本社会は大きく様変わりしました。予想より早く高齢社会に入りましたし、低成長経済は本流となった感があります。にもかかわらず高度情報化はめまぐるしく、生活の様々な面に影響が現れています。

 まちづくりという分野も変わりつつあります。これまで公共事業であったまちづくりも、行財政改革が進むなか住民自らが担う局面が増大しています。

 こうした変化に応え社会的に認知された団体として活動するため、「あだち・まちづくり・コモンズ」は「特定非営利活動法人」として設立されました。

 志を同じくする会員とともに区民と一緒になってまちづくりを進めていきたいと願っております。小さく生まれましたが、大きく育つよう皆様のご協力を願い申し上げます。

 今日の成熟型都市において、豊かで活力ある地域社会を創っていくため、民間と公共を結び、住民と協働した「あだちまちづくり」の推進に寄与することを目的としています。

①あだち地区まちづくり事業(地区詳細計画)
②まち・人・文化の対話事業(まちづくり団体・コミュニティ支援)
③まちづくりプロジェクト推進事業(地域マネー,個別・テーマ型等)
④調査・研究事業(まちづくり資料館)
⑤ネットワーク・広報事業(ワークショップの開催)
⑥トラスト実務代行または代替事業

 コモンズ(Commons)とは住民が慣習的に共有している場所などをいいます。ここから転じて住民と一緒に公共的なまちづくりをめざす仲間達という意味で使っています。